セミレストア Z32

Z32、初期モデルでは18年落ち。流石に旧車の部類に片足突っ込んでいるような車は多いです。

今回やらせていただくZ32は初期モデル、平成2年式、色は紺色、このカラーだけ内装も紺色と言う中々マニアックカラーです。 オーナーさんは平成4年にこのZを当時300万円近くで購入したらしいです。 それから今まで乗ってこられていると言う、色々な思い出も詰まったとても愛着ある車ででしょう。 しかしながら年月には勝てず、疲れきったZを復活させてあげたいと弊社を尋ねてきてくれました。 色々と現状を知ることから仕事は始まります。

外装の痛み1 外装の痛み2 外装の痛み3 外装の痛み4
17年もお日様にあたっていますので、ボンネットは色が飛んじゃっています。ウイングも痛みが激しいです。
リアフェンダーは板金塗装歴があるようで、パテも割れて錆が出ています。そのほかにも傷が多いです。色もあってないような・・・・・・。
そのほかにも傷、色あせは全面にあることから全塗装でボディは化粧直しします。

エンジンルーム 曲がったマフラー
エンジンとミッション自体には現状では異常なし。しかし、セルモーターやオイル漏れは見受けられます。走行も14万キロ。オーバーホールでもいいのですが、この際ですのでベアエンジンを搭載することにしました。
その他、油圧シリンダーはオーバーホール。一部ベアリング、補記類は交換する箇所もあります。

下回りを点検していたら発見!
マフラーが曲がって、若干短くなっているようで寸足らず状態。この際ですので交換です。

ダッシュボードの浮き シートサポートの破れ 天張りのたるみ 後部シートのサイド内張りのたるみ
内装には年月の経ったZ32には定番の垂れ・剥がれが発生しています。

まずダッシュボードの浮き。リペアも考えましたが、部品が入手可能でしたので交換です。
次は、シートサポートの破れ。価格面からいっても純正シートは高いのでRECAROの導入予定。
最後に、天張りのたるみ。

他にも後部シートのサイド内張りのたるみもありますが、残念ながらメーカー製造中止・・・・・・どうにも頭が痛い。

セミレストア Z32 足回り編

エンジン換装から始めようと思っておりましたが、部品の都合でまずは足、ブレーキからはじめました。

足回りオーバーホール前 足回りをすべて分解
交換前。さすが14万キロ。汚れ、傷みは相当です。ネジでとまっているところは全て分解します。

再利用するパーツは点検後、黒塗り仕上げ キャリパーオーバーホール前
再利用するパーツは点検後、黒塗りで仕上げます。いくらか見た目が良いですよね。
油圧シリンダーもオーバーホールです。ブレーキマスター、キャリパー共に洗浄、組み込みします。

キャリパーのオーバーホールと洗浄 キャリパー組み込み
ブレーキキャリパーのオーバーホールです。汚れを取り除かれピカピカに磨かれたピストンが入っていきます。
当然ブーツは新品に交換です。これだけでも抵抗が減り動きがスムーズになります。

足回りの組み込み 足回りオーバーホール完了
ブレーキ廻りはキャリパーオーバーホール。ホースとローター、パットは新品交換です。
アーム、ブッシュ類は全交換。1G状態での組み込み。ショックアブソーバーはビルシュタインに変更です。
全て組み込み足回りは終了。

セミレストア Z32 VG30編

足回りも終わったところで、エンジン交換へ移ります。
今回チョイスしたのは日産純正ベアエンジンです。通常ベアエンジンと言いますと、リビルトエンジン(中古再生品)と思いがちですが、何故か日産純正のベアエンジンは全て新品部品です。理由はわかりませんが、中古部品は使っていません。その証拠に純正エンジンの返却の必要が無くまったく持って安心して使用できるのがポイントです。
※通常リビルトパーツを使用する際は、ノーマル部品(「コア」と言います)の返却が必要です。

17年14万キロ使ったエンジン。ご苦労様でした。 リビルドエンジン。これからはよろしく(笑) 空っぽになったエンジンルーム
17年14万キロ使ったエンジンに終わりを告げます。ご苦労様でした。
そしてNEWエンジンです。これからはよろしく(笑)
空っぽになったエンジンルームは、今のうちに隅々までゴシゴシ洗います。
エンジン搭載前にハーネスの補修や、各部点検、ホース類の交換なども行いました。

ピカピカなエンジンルーム リペアハーネス1 リペアハーネス2 リペアハーネス3
新品エンジンを載せ、クラッチや各種消耗部品、セルモーターやパワーステアリングポンプも交換しました。
エンジンルームを洗浄しましたので、いくらかは綺麗に見えますかね?

それとは別にECSSハーネスを全て引き直したかったのですが、こちらは残念ながらメーカー廃盤。
仕方ありませんので、個別でしたらリペアハーネスと言う部品がありますので、コイル・インジェクター・AACバルブ・クランク角センサー・スロットルセンサー・パワートランジスタ・水温センサー、これらを1つ1つ丁寧に半田で交換しました。

Z32 HKSマフラー
一見純正に見えるこのマフラー、実はHKSのマフラーです。ノーマルLookですので嫌味ないところが良いですよね。
これにてエンジン、駆動系終了。残るは、頭が痛い内装と、全塗装です。

セミレストア Z32 内装編

たるんだリア座席の内張り 天張りのたるみ ダッシュボードの浮き Tバールーフのたるみ
リア座席のトリム(内張り)・・・廃盤
天張り フィニッシャー・・・廃盤
ダッシュボード・・・メーカー在庫 ラスト2個
Tバールーフのトリムも同じく廃盤

大きく痛んでいる内装部品はこれくらい。
痛みが大きいシートとハンドルも交換ですが、アフターメーカー品に変更だから問題なし。

さあ、欠品部品はどうしましょう。
付き合いある内装業者へTEL。とりあえず見てみましょうと、部品を預けること1週間。

新品同然に蘇った内装 ダッシュボード交換中
完成!写真では解りにくいですが、まるで新品!!こりゃ凄い!!!
しかも、新品部品に交換するよりも安く済みました。

僕はコツコツとダッシュボードの交換。
結構派手な作業に見えますが、意外と簡単に交換できるんですよ。
ダッシュボードのみ交換したところで時間切れ。
これから約3週間 塗装工場へ旅たつのでした・・・・・・。

セミレストア Z32 全塗装編

板金パテ修正1 板金パテ修正2
今度は塗装。
外せるものは全て外します。
モール・バンパー・ドアノブ・テールなど等・・・・・・

小さなエクボも大きな傷も全て修正します。
運転席側のリアフェンダーが痛みが激しかったので、綺麗に修正しました。出来るだけパテを使わず板金で修正し、残りをパテで仕上げていきます。
当然ですが、そのほうが仕上がりがいいです。

サーフェーサー1 サーフェーサー2
黄色へ変身・・・・・・うそです。

先ほどのパテを研いだ後にサーフェーサー(下地)を塗ります。
今回全塗装ですので、当然ですがサーフェーサーも全塗装。

塗装終わりこれから仕上げ 研磨中
さてさて塗りも一通り終わりました。

逆光で見えません・・・・・・反対側から見ると
「ん? 塗ったのに何で白いの?」と思われた方も多いでしょう。
これはですね 塗装部屋で塗ったのですが、小さなゴミ等がどうしても付いてしまうんですよね。
それをペーパーで研磨して平たくしているので、全体的に白いんです。
不思議なもので、ペーパーでゴミを落としてコンパウンドで磨くととても綺麗になるんですね。

コンパウンドで磨いた塗装面
ほら!
ドアは白いのにフェンダーはピカピカでしょ?
これが全塗装ですので全体を磨きます。1日仕事です。

塗装仕上げ完了 塗装仕上げ完了
そして塗装完成。
よく見てください。これがTH1ダークブルーパールの本当の色です。
綺麗ですよね。

セミレストア Z32 内装編2

内装仕上げ 内装仕上げ
塗装が綺麗過ぎるので、何かと気を使うようになって来ました。
ダッシュボードまでは完了していたので、残るパーツの組付けです。
それと同時にオーディオやシート、マットも新調したので汚さないように組んでいきます。

ここまでくると、結構形になってきました。
元付いていたウーファーBOXは完全に撤去してシンプルに組んでいきます。
アンプは120w×4・・・まったくオーディオの事解りません(笑)
この辺りはお客さんが指定してくれたので、僕は組むだけ。何故かオーディオに携帯電話のハンズフリーシステムが入っているとか?意味解りません。

内装カラーとマッチしたレカロ 新品同然になった内装
シートはRECARO。内装カラーとマッチして良い感じです。ずいぶん綺麗になりました。

セミレストア Z32 ライト編

Z32 レンズ研磨前 Z32 レンズ研磨後
1枚目 使用前
2枚目 使用後?

お客さんがライトが暗いので明るいものへ変更してくれとのオーダーも頂いたのでキセノンをオーダーしたのですが、バンパーも外してるしせっかくだからとライトを外してみました。

ライトユニットの分解1 ライトユニットの分解2
ライトのプラスティックとレンズはシーラーで留まっているだけですので、まずはドライヤーでガンガンに炙ります。
レンズが割れないように気をつけて分離させます。

分離後が大変
・残ったシーラーの除去作業に65%
・レンズやプラスチックの掃除に15%
・新たにシーラーを流し込むのに10%
・組みつけに5%
・レンズの研磨に5%
の労力を使います??

すると一番上の写真のように綺麗なレンズになります。
わざわざライトの掃除だけでライトの脱着を行うのも大変なので、何かのついで(バンパー塗装やインタークーラー取り付けなど)に行うのがベストですよね。

セミレストア Z32 完成

セミレストア後のZ32 セミレストア後のZ32
感無量・・・

180km試乗してきました。
市街地~峠~高速道

4輪全てのタイヤが路面に吸い付くように走ります。
その小さな動き1つ1つがステアリングに伝わってきます。
路面の動きはステアに伝わり、車の動きは腰に伝わり、それら全ての動きはドライバーが感じ取ることが出来ます。まるでZと対話しているようにさえ錯覚します。

太陽で反射して眩しい輝きを出すボディ。そのダークブルーの深みのある色は特別な味さえも出してくれるようです。

オリジナルの良さはそのままに、いや基本に忠実に行った結果でしょうか。
スポーツカーにしかない喜び オーナーにしかわからない喜び
このような仕事を手伝わせてもらえたことを僕は大変嬉しく思えます。

2007年06月10日